子供俊足化計画~足が速いに勝るものは無し~

私の持論なのですが、子供が学校でイジメに合わないで済む方法。

あるいは、スクールカーストにおいて良いポジションで過ごしていける大きな要素として、

【足が速い】【運動能力が高い】【驚愕】セノッピーの3ヶ月間の効果

こういった要素がとてつもなく大きいと思います。

もう40年も前の話になりますが、私自身も子供の時がありました。

あの当時も、小学生ながら同級生内でのポジションというものを肌で感じて育ったものです。

カッコいいや可愛い。勉強ができるやお金持ち。

色々要素はあるかと思いますが、何といっても足が速いに勝るものはなかったように思います。

事実、私が小学1年生の時の1番の人気者は、最初の運動会でダントツの1位だった男の子でした。

その男の子は順調に育ち高校では硬式野球部のエースで、短距離走では陸上部より早かったです。

足が速く、運動能力もピカイチ。

仲間内では幼少の頃からNo1で居続けた為、心に余裕があったのっでしょう、

性格も良く、いじめ等には全くあわず良い学生生活を送れた様でした。

それにより、私に子供が出来たら、男女問わず何としてでも足の速い子供に育てるを第一目標に過ごしました。

幸いに娘二人を授かり、いよいよ子供俊足化計画の始まりです。

よちよち歩きを始めた頃からどんどん外に連れていき。

2歳になる頃には、遊びと言ったら河川敷でボール投げをして取って来させる。

(犬にフリスビーを投げて取って来させるみたいなものです)

こればっかりやっていました。

(奥さんはあきれていましたが)

また、それと同時にスポーツはすばらしい。

元気なのは最高だと、ある意味洗脳していきました。

するとどうでしょう、幼稚園のかけっこや運動会では見事にぶっちぎりでトップ。

小学生に上がり市の大会でもダントツの1位。

(その時の2位の子は現在日本代表です)

中学高校でも陸上部で活躍してくれました。

下の子も同じような感じで大きくなりました。

話を戻しますが、上の子が少学1年に上がる時に横浜から岩手へ引っ越し、

その時点で娘の友達はいませんでしたが、

春の運動会を終えた頃には、学年一の人気者になっていたと、

担任の先生や、他の親御さんに言われました。

結局高校を卒業するまでに、嫌な事はほとんどなかったと娘達も言っていたので、

私の子育ての方向性の一つとしては良かったと思っています。

娘たちは、たまたまかけっこが得意だっただけかもしれません。

また、どんな子でも足が速くなるわけではないと理解してるつもりです。

出来る出来ないはあるとは思いますが、

令和の時代でも【足が速い】は強力なアドバンテージになると思います。

私の子供はお愛想が良いです。

最近感じることですが私の子供はお愛想がとてもよいです。その理由は子供が結構色々と興味を示していると言っても良いと思うのですが、結構町を歩く旅に良いねという感じでにやにやしてくれる人がいるんですよね。だからうれしいなと思いながら枚にい過ごしています。

セノッピーの3ヶ月の口コミ

正直子どもは知らない人にたいしてもたくさん話しかけますし知らない人のところへ歩いていってしまうのでとても目が離せないんですよね。だからしっかりと見ていなければなりませんし、しっかりと手を繋いでいなければすぐにどこかへ言ってしまうので気を付けなければなりません。

しかしながらなかな子どもは言うことを聞かずいやいや期入ってしまっていますのでなかなか思い通りに行かないことがあります。正直辛いですし正直気持ちがなかなかよい方向に進みません。私は昔から子育てはむいていないのかなと思っていましたがやっぱり向いていないみたいです。

これからもそしてこの先もストレスをかかえながら毎日過ごすのであればものすごく辛く切ない人生を送ることになるのだろうなと思いながら毎日過ごしています。これからもこの先も頑張って過ごしていきたいと思います。子供たちの成長を見守りながらなんとか頑張ります。

男の子ならヒーロー遊び!

4歳を過ぎ始めた頃からハマり出したのがヒーローもの。http://ifrs-rural.com/

誰が教えたわけでもなく、テレビに出ているヒーローになりきって、机やソファーの上からジャンプ!という光景。

見えない敵に対して、パンチやキック、武器を使って撃退するという完全なヒーローごっこです。

1人でやる分には、放っておいてもいいのですが、

兄弟やお友達でやると過激さが加わり、ケガする確率もグンっとアップ!

親も一緒にヒートアップしてしまい、ついつい「やめなさい!」と怒鳴ってしまうのです。

しかしこのヒーロー遊びにについて、Eテレの子育て番組で「へぇ~」と親が唸る解釈をされてました。

それは、ヒーロー遊びには、子供は必ずヒーローになって、悪者(敵)にはならないこと。

その意味は、おのずと「正義」とは何かについて、体現できないが子どもなりに理解しているということでした。

また、ヒーローになることで悪と戦う、悪を成敗するという意味や複数人でヒーローごっこをするなら、

相手との距離感や言葉の掛け合いや共同作業するという取り組みなど語彙力が広まっている成長の証拠だと言われてました。

確かに、言葉の使い方は荒っぽい部分もありますが、

「分かった!今、助けにいくぞ!」

「このー!これでもくらえ!」という言葉、3歳の時にはなかった文章としての言葉がしっかりと表現されてました。

あとは、お友達との掛け合いの言葉。

「俺はこっちをやるから、○○君はあっちを頼む!」

「こちら、了解です!」

など大人顔負けの掛け合いをしてました。

見えない敵と戦い、みんなが正義のヒーローになる遊び。

これは成長した遊びなのですね。

客観的に遊びを見る母、これからも見守ります。

面倒だと思っていた回り道で

保育園に行くにも、スーパーに行くにも、私と息子が毎日のように通る交差点があるのですが、そこが暫くの間、工事中で通れなくなりました。いつもの交差点を通らずに保育園に向かうには、回り道をしなくてはいけません。家を出たらいつもとは反対方向に歩き、信号を2回渡って迂回する必要があります。大した距離ではないのですが、朝の忙しい時間にこの遠回りが少々面倒に思えてなりません。でも、面倒だと思っていたのは私だけで、息子は回り道を楽しんでいました。

http://www.globesonore.org/

まず、慣れない押しボタン式の信号では、息子がボタンを押してくれます。「変な信号、カッコーって音が鳴ると良いのにね」と持論を展開し、「ママもちゃんとボタン押すんだよ」と、私の心配までしています。

そして、新たな道では野菜を発見し、道沿いのお宅で育てられている野菜の中からトマトに注目し、「早く赤くならないかな」、「まだ大きくならないね」と、毎日観察するのが日課になりました。

1週間ほどで工事中の交差点が通れるようになり、回り道は終了です。一安心ではありますが、息子の見つけた新たな道の楽しみが見られなくなってしまうので、ちょっと残念な気もします。トマトの様子を見るために、たまに回り道するのも良いかもしれません。