自分の手が少し回復した

自分の手の甲を見てみるtp、年齢と相応の手になってきたかなと思う。少し前まで、白い粉を吹いていた年老いたしわくちゃなおててから卒業なんだなと思う。よく考えてみると、そういう手のことをおじいちゃんのてとか、温¥ばあちゃんの手みたいなんて表現するけど、あれは間違いなきがする。

http://www.standrewscleveland.org/
だっておばあちゃんの手はつるつるできれいだから。しわの付き方も皮が寄り集まった集合だからしわの太さが違う気がする。だから年齢と合わない肌がそれと似た状況だからといっておばあちゃんみたいな手という表現は違う気がしてきました。

では、働き世代のしわだらけの手は何かというと、ただの乾燥した手なんじゃないかなと思います。水分が多雨和得られなければ当然肌に亀裂が入ったりもともとのきめの細かさみたいなものが割れ目みたいに出現しやすくなっていくのはごく不思議なことなので、たあdの乾燥した手、それは何位も形容しがたいものなんじゃないかなと思います。

あるいみ、おばあちゃんたちにも失礼になる気がしますから、でも、そういう何かに例えるのはどこから始まったんだろう。今の時代の自分とそれ以外の世代で起こる現象の理由は違うのになんで同じにしたがるんだろうか。