快眠は読書から繋がる

同じ生活リズムを繰り返していても、布団やベッドに入ってから眠りに就くまでの長さは人それぞれ違ってくると思います。布団やベッドに入ってから数分もしないうちに眠れる時もあれば、特に変わったことをしていないのに何故か、眠れないような時もあるのではないでしょうか。

http://cinquiemeetageproduction.com/

そういった時には、無理に眠ろうとしないことも一つの解決策だと思います。

例えば、その日あった出来事を振り返ってみて、日記を書いてみるのも良いです。翌朝、起きてから余裕を持てるように、少しだけ準備を整えておくというのも良いと思います。

私が眠れないときに気持ちを落ち着かせる方法は、本を読むことです。

読書をすることで、気持ちが落ち着きます。勿論長時間の読書でなくても、静かな部屋の中で本の内容に集中した後は、眠りに付きやすくなっていると思います。

気持ちを落ち着かせて眠りに就きやすくする為の読書ではありますが、暗い場所での読書や横になりながらの読書は目に良くないので、それらの点には注意して頂きたいです。

読書をしてからの就寝になるので、もしかすると、本で読んだ内容がそのまま夢の中に出てくるような経験をするかも知れないですが、それだけ深い眠りに就けているということは就寝前の読書が役立っていることになります。