いちご鼻を治すには根気が必要

私は中学校の頃から鼻の毛穴が黒くブツブツになっていることが気になっていました。

中学生の頃は無知だったので、鼻をつまんで無理やり、毛穴に詰まっている角質を取り除いていました。そのせいでどんどんひどくなっていきました。ビハククリアは市販で購入できる?

このままではまずいと思い、市販で売っているいちご鼻に効果的な美容品を買ってきては、何度も試しましたが、私にはどれも効果がいまいちでした。結局、私が一番効果を感じたのは、洗顔をしっかりすること、そして洗顔後のスキンケアをしっかりすることでした。

いちご鼻は一日で一気に治すことができるものではありません。長期間かけて治していこうという気持ちが必要です。実際に私がやった内容は、まず化粧をしっかり落とします。シートでふき取り式のものより、オイルクレンジングやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

その後、蒸しタオルを用意しタオルが冷たくなるまで、顔にのせます。そのあと、たっぷり泡立てた洗顔料で顔を優しく洗います。泡を流すときには残ってしまわないように、十分にすすいでください。その後冷水でも顔を洗い、毛穴を締めます。次に顔が乾燥する前に素早く化粧水をつけます。私は3回重ね付けします。その後乳液で潤いが逃げないようにします。

この毎日の積み重ねで、徐々に徐々に黒ずみが薄く、肌自体がきめ細かくなっていくのです。