ダイエットにおすすめの「ある」行為とは!?

ダイエットには筋トレがおすすめです。

読者の中には「筋肥大するのでは?」と不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。快糖茶は市販の販売店で取り扱い

この点については筋トレの負荷を大きくしすぎたり回数を多くしたりしなければok。さらには基礎代謝の向上が図れます。つまり、日常的に汗をかきやすくなるということですね。

では、いつ筋トレするといいのでしょうか。

時間帯は16~18時頃(血行が一番良い時間帯)で、

留意点としては⓵睡眠の質を下げないために、寝床につく3時間以上前に行う。運動して体が興奮状態になると寝つきが悪くなりますもんね。⓶食後は避ける。消化不良が起きやすいためです。以上の点に注意する必要がありそうです。

次に、筋トレの頻度についてです。基本、毎日行ってokです。もしかすると、「あれれ?どこかの学者が筋トレを毎日行うと筋肉を修復しきれないって言ってた気が、、。」。こんな声が寄せられるかもしれません。これについて軽く説明をすると、破壊された筋肉を修復するのにかかることを「超回復」というのですが超回復による筋肉の修復は1日おきの48~72時間です。ですので筋トレを2日続けて「同じ部位」を鍛え続ければ筋肉を破壊することになります。しかし、「別の部位」を鍛えることによってはダイエット効果を促進させることが出来ます。

では、どんなことをしたらいいのでしょうか。

筆者はスクワットをお勧めします。なぜならスクワットは消費カロリー第一位の下半身トレーニングで、抜群のスタイルをお持ちのモデルさんも行っているものです。注意事項としては床と太ももが平行になったときにその体勢を2秒間キープし、そのスクワットを30回×3セット行ってください。ちなみにスクワットは筋トレの中でも「有酸素運動」に類し、従来の筋トレ(無酸素運動)が有する基礎代謝の促進力のみならず、それに加えて有酸素運動ですからカロリーも消費します。

さあ、いかがだったでしょうか。まとめとしては、16~18時にスクワットを30回×3セット行えばダイエット効果があるということです!もちろんダイエットには食べ過ぎないことが大前提ですのでスクワットはあくまで補助的役割を担っているということに注意してくださいね!