無いものねだり⁈”大きすぎて”困ること

女性らしい体のラインの特徴といえば

プリッとした上向きのお尻や

ふっくらとしたバストを思い浮かべる方は多いのでは無いでしょうか。

モテアンジュが最安値で購入できる通販

筆者自身もよく友達に

「大きくていいな〜」と羨ましがられることが

多々あるのですが、、、(その友達は標準的サイズ感)

バストが大きすぎて困ることを少しご紹介します。

①人の目が気になる

やはり1番気になるのは”人様からどう見えるか”です。

例えば、Vネックの服を着ていて

谷間がスレスレだと屈むのは勿論ですが、

日常生活の動作ですら少しセクシーに見えてしまいます。

勿論、当の本人にはそのつもりはありません。

また運動時などの揺れも人目を引くので

学生の頃はそういった意味でも走るのが大嫌いでした。

②ブラのサイズが無い

ショッピングモールなどの商業施設にある下着屋では

自分に合ったサイズのブラが見つかりません。

理由はいくつかあり、

例えばそのブランドでは大きいサイズG以上は作っていない、

または大きいサイズのの需要が他のサイズ帯に比べて低いので

お店が商品としてあまりストックしていない、など。

可愛いと思うブラも大きめのサイズで見てみると

可愛さが半減する、、、といったことも。

気に入ったブラ、サイズの合うブラに出会う事は

運命の相手を見つけるのと同じくらい難しいです。

③体のバランスがアンバランスに見える

これは大きい方全員に当てはまる訳では無いですが、

筆者の身長は152センチほど。

そこに例えばJカップのバストが着くと

少しアンバランスだと思いませんか?

筆者の成長に問題があるのかもしれませんが

身長に見合ったバスト、、、

ほどほどなバストに本当に憧れます。

以上、いかがでしたでしょうか?

大きい人も大きい人並みに悩んでいる事はあるんですよね。

勿論小さめの方の気持ちもわからなくも無いのですが、、、

無いものねだりなんでしょうね。

十人十色という言葉がありますが

みんな違ってみんないい、

それぞれの魅力があると思います。

ぜひ自分の魅力に気づいてあげてくださいね。