毒にも薬にもなる母の教え

私は、自分の小さい胸にコンプレックスがあります。

LUNA(ルーナ)ナチュラルアップナイトブラの効果と口コミ評価!市販の販売店で売ってる場所はある?

胸が膨らみ始めたころ、もともと痩せ型ということもあり、周りと比べて胸が小さいことはあまり気にしていませんでした。その分「スタイルが良い」と体型を褒められることが多く、胸のことを気にする必要が無かったというのが正直なところです。

また、私の母は胸のサイズが大きく形も整っているほうなので、「遺伝でそのうちあんたも大きくなるわよ」という母の言葉を鵜呑みにしていました。

しかし高校生になって身長の伸びが止まると、一向に大きくなってくれない胸が気になり始めました。ちょうどその頃、私にとって衝撃的な事件が起きます。当時片思いしていた同級生の男の子に、「お前胸なさすぎだろ」と言われてしまったのです。

それまで胸についてとやかく言ってくる子がいなかった訳ではなかったのですが、気にしなかったのはそういう子に限って特に仲が良いわけではなかったためでした。

でも好きな男の子となると話は別です。なんとなくお母さんが言っていた遺伝の話が信用できなくなってきたのと時期を同じくして起きたショックな出来事に、そのあとずっと引きずるコンプレックスが出来てしまいました。母に当たり散らしたことを未だに覚えています。

最近のコンプレックス解消法は、海外のモデルさん達の画像を眺めることです。彼女達が様々な服を着こなしているのは、背が高くて痩せていて、胸が大きくないから。

それを教えてくれたのはまたしても母でした。「整形でもしない限りそう簡単に胸のサイズは変わらないんだから、ありのままの体型を活かしなさい」というのが最終的な母の教えとなりました。とはいえ、遺伝の話がさりげなく取り下げられているのは、少し根に持っています。