ほうれい線が目立つと、それだけでプラス10歳

十代の頃はまったく気にならなかったほうれい線が25歳をこえたあたりから、ハッキリと出るようになりました。化粧をした状態で思いっきり笑ったりすると、ほうれい線の溝辺りでファンデーションが割れてしまうことにも気づき、本気で恐怖を感じました。http://www.tangerinebtv.net/

それからは顔のマッサージや口元専用のクリームを毎晩たっぷり塗って寝るようにしているのですが、一度できてしまったほうれい線が消えることはありません。ほうれい線が目立つとそれだけで疲れているように見えますし、実年齢よりももっともっと年上に見えてしまうのではないかと気になります。それから私は顔の皮膚がとても薄いらしく、厚い人よりもほうれい線もシワもシミも目立ってしまうため、もっと気をつけた方がよいとエステティシャンの方に言われました。

でも正直、気をつけろと言われてもこれ以上何をどのようにすればよいのかわかりません。顔のマッサージや顔ヨガだって、やった方がよいという人もいれば、肌に刺激を与え過ぎない方がよいという考えを持ったプロの人もいます。だから、何を信じて努力すればよいのかわかりません。

良かれと思ってやったことが、自分の肌に負担をかけてしまうのがとても怖いです。別に誰も私のほうれい線なんて見ていないことはわかっているのですが、自分が異常に気にしているため、人と話をしたり、自分の顔を見られることが嫌でマスクが手放せなくなってしまいました。美容整形で少しでもほうれい線がマシになるなら、今すぐやりたいです。